■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トイレその後
結局、昨日はトイレは直らず二日がかりの修理に。

約束より数時間送れて到着した修理屋さん、
『靴脱いだほうが良いよねー』と自主的に靴を脱ぐ。
…昨日は脱がなかったのに。。。
廊下&トイレだけしか通らないのだから、、、と今回は
脱いでもらわなくても構わない気持ちでいたのだけど。

でも、こういう心遣いは嬉しいですよね。

で、いざ修理開始。
20分少々?あっという間にスッキリ修理してくれました☆
お支払いやその他の手続きもスムーズに完了。

でもねー、洗面器を修理の際にトイレから漏れた水を
キャッチするのに使用し、それでもこぼれちゃった分は
お風呂の足拭きマットで拭き取り、修理で交換した部品は
脱衣カゴに放り込んでありました。(多分ゴミ箱と勘違い)

こういうのって一概には責められないですよね。
文化が違うのだから、誤解を生みそうなグッズは片付けて
おいた方が良いのだなーと感じました。

何はともあれ、直ってよかった。
心配していた英語での対応もなんとか大丈夫でした。
スポンサーサイト


日々のこと | 02:20:30 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
靴脱いだ方がいいよねって言ってくれるだけでいいよね
それだけ気にしてくれてるってことだからさ
こっちは言わないと脱がないよwww

洗面器やバスマット・・・あたたたた(汗)
確かに文化の違いとかもありますよね
きっと洗えば使えるからいいだろうって感じていると思う
日本人は綺麗好きすぎらしい
使えないって感じてしまうもんね

2008-07-18 金 09:02:41 | URL | くみ [編集]
☆くみさん☆
コメントありがとうございます。
お返事遅くてスミマセン!

ロンドンは沢山の国の人が住んでるので
日本人以外にも靴を脱ぐ習慣の家庭が多い
のかもしれません。だから気付いてくれたかも。
日本人が綺麗好き過ぎってわかるなー。
こちらに来てびっくりする事が沢山あります!
2008-08-17 日 16:12:41 | URL | ハナ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。