■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
落し物
語学学校へ行く途中、ひろーい公園の脇を通るのだけど
今朝歩いていたら前を歩いていた女性が落し物をしたらしく
突然しゃがんで何かを拾っている、、、

追い越しながら彼女の手元を見ると何とミミズを掴もうと
しているではないですか~。しかもムツゴロウ氏のごとくミミズに
話しかけながら素手で掴み上げ、公園の芝生の上に…。

そう、間違って歩道に出てきちゃったミミズを公園に戻してあげて
いたのですね~。素晴らしい。でもちょっとビックリ。

モデルのように長身で美しい彼女。
朝からミミズを素手で掴む勇気に心の中で拍手。
私には絶対真似できません。。。
スポンサーサイト


日々のこと | 21:33:35 | Trackback(0) | Comments(8)
コメント
ミミズ~?!
とっても親切な方だと思いますが
私も絶対真似できませぬ・・・

イギリスではふつうのことなのか
それともたまたまイギリス版女ムツゴロウに出会っただけなのでしょうか・・・?
2008-04-04 金 00:15:53 | URL | chibi [編集]
うひょー
私も無理だー。せめて木の枝とか葉っぱを使ってならできるかも
しれないけど・・・。すごいねー。男気を感じるね。
大昔に一度、ゴキちゃんの触角をはさみで切った事あります。
(なんかのテレビで触角で回りの様子をうががってると聞いて、なくな
ったらどうなるのかって好奇心から)
その後、ゴキちゃん大暴れ(当然やね)私も大叫び。
残ったものは切れた触角2本のみ。それ以来、虫は全くダメになって
しまいました。
それまではたいていの虫は触れたのにねぇ(ミミズはなかったけど)
2008-04-04 金 00:19:04 | URL | めぐお [編集]
☆chibiさん☆
ねー、真似できないよねぇ。。。
そして私もイギリスでは普通の行為なのか、彼女が特別なのか…
ということがとても気になってます。
普通の事だとしたら、郷に入っては…の言葉に従って、私も修行
しなくちゃいけない!?だとしてもやっぱり無理だなー。
2008-04-04 金 02:13:15 | URL | ハナ [編集]
☆めぐおさん☆
ゴキの触角をハサミで!?すごい!
どんな風に暴れたのか気になる。。。

私が子供の頃、親戚宅の庭で出会ったミミズを気に入ってしまい
ビニールに入れて持ち帰って来たことがあるらしい、、、(大量に)
母は処分に困ってそのミミズを庭に放し…そのミミズが大繁殖。
お陰で今でもウチの実家の庭はミミズがすごく多いです。。。
2008-04-04 金 02:22:34 | URL | ハナ [編集]
ぎょえぇ・・・
まぁミミズは土を良くしてくれる良い虫というイメージ
畑やお花を育ててる人にとったら
素敵な虫らしいけど素手ではさすがに無理っしょ。

こっちの家は雨の日になるとコンクリートに大量発生してたりするっぽい
そして雨があがって異様に気温が高いと
ひからびたミミズが・・・・
2008-04-04 金 07:24:25 | URL | くみ [編集]
☆くみさん☆
私もミミズはそんなに苦手って言うわけでもないのですが
さすがに素手は無理…。しかも歩道にはみ出た死にかけのは
もっと無理…。通勤途中とかだと思うのですよねー、彼女。。。

アメリカとかだとミミズも大きそうですが、どうなんでしょう?
ちなみに、こちらのはそんなに大きくないです。
2008-04-05 土 01:22:40 | URL | ハナ [編集]
こちらのミミズはねぇ意外と細い!
日本のはたまに太くて大きいのを見るけど
こちらで見た干からびたのも
どれもこれも細い5mmくらいで6~7cmってところかな?
2008-04-06 日 10:47:52 | URL | くみ [編集]
☆くみさん☆
細いんだ!意外!何でもビッグなのかと…。
こちらのは日本と同じ位かな~。
でも時々白っぽいのがいてそれはちょっと気持ち悪い。。。
2008-04-07 月 21:54:43 | URL | ハナ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。