■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
必需品
妊娠&出産に際して、日本の商品の方が便利といわれてるものが結構あって
私も実家経由で色々取り寄せたりしたのですが、実際に使ってみると


「さすが日本!」


…と思うものもあれば、意外とこっちの製品の方が優秀かも~と思うものもあり。



予想に反して我が家で必需品となったのがボディスーツ型の肌着。
必需品
首が据わるまでは日本式の短肌着が断然優秀という声をよく聞いたので用意して
おったのですが、動きの激しいうちのムスコに着せるとはだけちゃって大変。

それ以上に、親に似ず、出生当初スリムなボディだったうちのムスコはどうしても
オムツから漏れちゃうんですよ、大やら小やら。
さらにキックのし過ぎでオムツを自力で脱いじゃったりもしてトホホだったのです。
それが、このボディスーツ型の肌着を着せると問題が一気に解消されるっ!
たまたま一枚だけ持っていたのですが、あまりにも便利なので速攻追加購入。
我が家の必需品となっております~。
一見着せにくそうですが、コツを掴むと簡単です。
私の場合、頭を抑えて自分の手と一緒に襟ぐりを通過させちゃうという着せ方で
着せています。そうするとスルッと入って頭をグラグラさせずに済みます。

あと、ウチのムスコは産まれてからしばらくの間、ちょっと気がかり事項がありまして
定期的に通院する必要があったのですが、その際にも便利でした。
何故なら、日本式の肌着を着せていくと、こちらの病院スタッフの方達って見慣れない
スタイルに???となっちゃうんですよねー。
でも、このタイプはこっちの赤ちゃんがみんな着てるものなので、大丈夫です。
(あ、気がかり事項はもうすっかり大丈夫になってますのでご心配なく~)

我が家の場合、ボディスーツ型の肌着の上に日本式のツーウェイオールが定番☆
変則的な使い方ですが、寒い日にはボディスーツ型肌着とツーウェイオールの間に
短肌着を着せております。

ただ、このタイプの肌着はサイズピッタリじゃないとダメなのが難点。
ウチのムスコもあっという間に新生児サイズは着られなくなって、いまは0-3ヶ月
サイズを愛用中。でも、早くも余裕がなくなってきたので、そろそろ次のサイズを
買いに行かねばー思っているところ。
日本式だと、新生児サイズもまだまだ着られるので、、、そういう意味ではやっぱり
日本の物は優秀ですねー。

スポンサーサイト
UK妊娠・出産 | 22:54:53 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。