■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
矢印
コレは何でしょう?
ナビ1


続きを読む >>
スポンサーサイト
日々のこと | 06:08:40 | Trackback(0) | Comments(4)
語学学校初日
今日のロンドンは嵐です。すごい暴風雨。

そんな中、語学学校初日でした。
私のスリム化重視の折り畳み傘では今日の嵐に太刀打ちできず
何度なおしても風でひっくり返ってしまうので傘をさすことを諦め
ずぶ濡れで学校へ。

まずは予定通り初心者クラスへ。
私を含めて4人。
プリントの問題を解きながら、それこそ『ディス イズ ア ペン』
みたいな所から授業はスタート。
英語を英語で習うわけなので、分かってるのか分かってないのか
自分でも良く分からないまま時間が流れる。
そして休憩時間になり、、、先生に教室に残るよう指示されて、、、
『もう一つ上のクラスの方が良さそうだけど、どうかしら?』という
ようなことを言われ、事務室みたいな所に連れて行かれて先生が
他の先生たちと何やら交渉。
そしたら一人の先生が『ヨロシク』みたいな感じで近寄ってきて
他の教室へ移動。新しい方の教室は10人くらい。
生徒同士で質問しあって、『今日は学校までどうやってきたか』
『時間はどれ位掛かったか』ということを表にまとめるという授業。
さっきのクラスよりは確かにちょっとレベルアップなのだろうけれど
実際に生徒同士で話したり出来る分、楽しいし分かりやすい。

先生の話している内容は、全ては到底理解出来るはずもなく
でも『先生』なだけあってゆっくり・分かりやすく・発音も綺麗なので
分かる言葉だけをなんとか拾い集めて理解する感じ。

生徒同士で話し合ったりする機会も多いし、授業中も日本みたいに
『質問は手を挙げて!』みたいな感じじゃないので先生の話に生徒が
突っ込みをいれたりギャグっぽいことを言ったりしながら授業が進む。
そういうスタイルに馴染みの薄いニッポンジンな私はちょっと戸惑う。
それから、イギリスで英語を習おうというヒトはつまり英語を勉強中。
ドイツ人、トルコ人、イタリア人、ブラジル人、韓国人、他イロイロ。
みんな一生懸命勉強中なので、英語は未熟。
そして日本人がジャパニーズイングリッシュになっちゃうのと同じく
みんなそれぞれお国の言葉を感じさせる英語を話す。
それを理解するのがちょっと大変そうかなぁという印象。
そしてそれ以上にクラスメイトたちの名前を覚えるのが大変そう…。
聞き取るのも難しいし、発音するのはもっと難しい。
どうやってもカタカナに置き換えられない名前が多いんだもの。
スペルは聞いてきたけど、読めないのだよねー。
でもみんなフレンドリーに話しかけてくれるので、嬉しいし楽しかった。
『新しい生徒さんよ~』と紹介され、わざわざ話しかけに来てくれる
ヒトとかもいて、ちょっと転校生気分な一日でした。

…と、こんな感じで一日目は無事終了したのでした。
当分の間は毎日通う予定。自分で決めたこととは言え大変だぁ。
そして最後に先生が『今日は宿題なし』と言ったらみんなすごく
喜んでたので、宿題が頻繁に出るんだろうなぁ。頑張るぞー。

語学学校☆英語 | 00:18:50 | Trackback(0) | Comments(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。