■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
家が決まりました。
たった今、夫から無事に家の契約が済んだと
電話がありました。
家探しがどうなるか不安で落ち付かない日々
だったのでホッとしました。

でも逆にこれでもうノンストップで渡英に向けて
突き進まねばならない条件が整ったわけで…
身の引き締まる思いでもあります。

落ち着かない気持ちもあって、実況中継の如く
書きまくっているこのブログ。
後から読み返すと良い思い出になりそうです。
そう思えるように頑張りたいとも感じています。

夫から送られてきた新居の写真の中の一枚。
暖炉

コレはもしや暖炉ではありませんか?


スポンサーサイト
夫の奮闘記 | 02:49:17 | Trackback(0) | Comments(2)
家が決まる?
夫から先日不動産屋さんから紹介された物件で決めようと思うと
連絡があった。

向こうの住宅事情は良くわからないので、今回は夫を信じるしかない。
一人暮らし経験の長い夫だし、今住んでいる自宅は持ち家・戸建て
なので建てる時にすごくすごく吟味してたくさん話し合っているので
そんな経験から夫の直感は何となく信頼できる。

どっちにしろビビビッと来たら止められない人なので任せるしかない。

今は上手く契約成立するように祈るばかり。。。



夫の奮闘記 | 01:25:14 | Trackback(0) | Comments(2)
眠れない
もうすぐ深夜3時になろうかという時間ですが、、、
眠れそうもありません。

ここ数日、同じような日記の繰り返しですが
夫はロンドンにて家を探していて
私は日本でだらだら待機中です
家が決まったら私も渡英予定

で、夫がいないと時間を拘束されない分、かなり
夜更かし人間になってしまっているのですが…

それとは別に夫が今日紹介された物件がとても
良くて、でも私に確認をとらねばと保留で帰って
来たらしく、、、私のほうには不動産屋さんから
画像が沢山添付されたメールが届いたのですが
…今までの物件とは比べ物にならない良い物件。

決定しちゃって良いものか…。
どうしても『もっと良いのを紹介されたら?』なんて
欲張ってみたくもなっちゃうのですがそんなことを
考えてるうちに縁を逃すと言うこともあるわけで…。

色々考えてるうちに興奮状態に陥ってしまって
目が冴えちゃって冴えちゃってな私です…。
この興奮っぷりは昼まで寝てた事とは無関係な筈。

夫の奮闘記 | 03:00:12 | Trackback(0) | Comments(2)
1ベッド?2ベッド?
夫が不動産屋巡りを始めて3日くらいになるだろうか。

いくつかの物件の写真をメールで送ってもらったり
電話で話したりしながら相談している状況。

できれば2ベッドルームが良いなぁと思って探している
のだけれど、私たちの予算だと古かったり不便だったり
するお部屋になっちゃうみたい。
綺麗だったり便利だったりという立地だと1ベッドルーム
になっちゃうみたいで。。。

実物を見ていないと何とも言えない面もあり迷う迷う。

夫の奮闘記 | 17:13:10 | Trackback(0) | Comments(0)
時差ボケ
夫からメールとか電話とか結構マメに連絡が来ている。
今日は車の運転の練習をしたとか
泊まってるホテルの画像とか
さらにホテルでセルフタイマーで撮影したと思われる
夫の写真とか

一人暮らし経験の無い私は、夫が先に渡英してしまったら
その後の私の暮らしは大丈夫なのか。。。と不安で不安で
しょうがなかったのだけれど、今のところ意外と平気。
寂しいのでは怖いのではと周囲の人から心配されるけど
そういう感情も今のところあまり湧かないなぁ。

夫が連絡の際に必ず言ったり書いたりしているのは
時差ボケが辛いという事。
イギリスと日本の時差は9時間。
慣れるのに苦労しているようです。

そして、何故か私まで時間の狂った生活をしてしまってます。
一人でいると駄目ですね。
元々ウチは夫の帰りが深夜になることも多く、あまり規則的な
生活とは言えず…かなり宵っ張りで朝寝坊なのですが
パートナーも居らず、仕事もしていない私の最近の日々は
かなりマズイことになってます。
好きなときに寝て、好きなときに起きる。
食べ物はとにかくテキトー。

生活時間帯も食生活も不規則になりがちな毎日を夫の多忙
のせいにして過ごしてきた夫婦生活だけど、もしかしたら
私の自堕落な性格にも問題があるのかもしれないと感じて
しまう私のシングルライフなのでした。。。

夫の奮闘記 | 03:21:48 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。