■プロフィール

ハナ

Author:ハナ
77年冬生まれ。
夫の転勤に伴い2008年2月から
ロンドンで駐在生活を始めました。
初めての外国暮らしで奮闘する
毎日を綴っています。
お気軽にコメントを残して頂けると
嬉しいデス。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久々に英語の話。
去年の春から通い始めた語学学校。
実は約一ヶ月前からお休みしています。

学校に不満は無かったのですが、自分の今後の方針に迷ったので。

通い始めの一年前は一番入門レベルのクラスに入りました。
これはテストの結果から、、、ですので、当時の私の英語レベルは本当に
本当にゼロに等しい物でした。
そして時々ホリデーを挟みつつ(学校全体の休みは無いので自己申告
で休みたい時に申請すると一週間単位でお休みすることが可能です)
トータルで一年弱在籍。夏休みなんかはたっぷり休んだので、実際に
学校に通ったのは多分8ヶ月程度でしょうか。

入門コースで入学した私も最終的には中級コースまで進みました。
『わー凄い、じゃぁハナさん、もう英語は完璧ね~』と思われるかも
しれませんが、実際には意外とそうでもありません。
学校に通った分、勉強をそれなりにしたわけで、語彙力はだいぶ向上。
ちょっとした雑誌の記事なんかは頑張れば読めるので、最近はこちらの
雑誌を時々買って読む事もあります。(読むより眺めるが中心ですが…)
ヒアリング力も、結構アップしていてこれは学校に毎日通った成果だなと
自分でも思います。
残念ながら駐在奥様の立場だと、ネイティブの人とお喋りする機会なんて
ほとんどないので真の意味での実力は分かりませんが、買い物に出た先
だとか、レストランでのメニューの説明なんかはある程度分かります。
あとは旅先での手続きとかも何とか大丈夫。空港とかもね。
本当は家に居る間はテレビやラジオをつけっぱなしにして、英語をどんどん
耳に入れるべき、、、なんて言われたりしますが、私は元来あんまりテレビ
が好きじゃないので、そういう生活は無理があるのでしてません。
テレビが好きじゃない…というと語弊があるかな、付けっぱなしが苦手です。
その割にPCは常時付けっぱなしですけどね。(苦笑)

でもね、喋れるか、というと相変わらずダメなんですよね。
特に海外生活では何かと大切な、自分の意思を伝えるというのが、本当に
難しい。でもこれは英語力の問題というよりも、自分の物の考え方だったり
本来の性格に因る部分が大部分を占めているかなーと思います。

そんなこんなで、『学校に通ってること』と真の『英語力向上』のバランスが
あんまり良くないな、、、と感じたのでとりあえず一休み中というわけです。
中級クラスくらいになってくると、こちらで働きながら勉強しているクラスメイト
も増えてきて、さらに『英語を勉強して将来はこんな風になりたいんだ』という
クラスメイトが大半を占めるようになり、駐在奥様というお気楽な立場では少し
居心地が悪くなってしまった、、、というのもあります。
授業で取り扱うテーマも、環境問題についてディスカッションなーんて感じに
レベルアップしてきたので、逆に私の学びたい英語からはどんどん離れて
行くのを感じたりもしてましたし。

少し充電したら、また頑張ってみようかな、、、とも思うけどしばらくはのんびり
したいという気持ちの方がちょっと強いかもしれません。
イギリスに住んでるんだから、もちろん英語の勉強は大切ですが、それ以上に
自分自身をもうちょっと強化したいなーというのが秘かな野望です。
それから、、、学校辞めちゃって暇ですので、ロンドン在住のお友達の皆様
良かったら遊びましょう。(…って、これが一番言いたい事だったりして。。。笑)

スポンサーサイト
語学学校☆英語 | 02:33:40 | Trackback(0) | Comments(6)
井戸端会議
井戸端会議…というほどハイレベルじゃないのですけどね、、、
語学学校&スーパーでの買い物をを終えて帰宅した際に
同じフラットの住民の奥様とバッタリ遭遇したので玄関前で
ちょっぴりお喋りしました。

彼女は生まれて数ヶ月という雰囲気の赤ちゃんをベビーカーで
連れていて、前にもドアを開けるのを手伝ったりしたことがある
のですが、軽い挨拶を交わす程度だったのですよね。

で、相変わらずなかなか英語が上手く口から出てこない私なので
もっぱら笑顔をふりまく事で切り抜けてきたわけですが、、、

今日は彼女の方から、『赤ちゃんの夜鳴きがうるさくないか?』
という質問をされ、、、どうやら他の部屋から苦情が来て悩んでる
様子でした。いつ、何時ごろ、どんな風に、という説明もあったけど
我が家には全く聞こえないので、『ウチには全然聞こえないから
心配しないで~』と言いました。…というか、言ったつもり。

あー、文法目茶苦茶、、、と思いつつ何とか言い終えると、彼女が
『良かった~、お宅には聞こえて無いのね、でも本当にうるさくて
私も困ってるの。。。』みたいな感じでどんどん喋る彼女。
語学学校の友人達とはお互い勉強中の身なので遠慮無く英語で
話すことが出来るのだけど(間違っても通じればOKなわけで)
一般の人と話すのは非常に緊張します。

でも、少し会話をして相手の人がさらに話してくれる場合って
私の言葉が理解してもらえて、もう少し話してもOKかなって
相手が思ってくれた証拠なので、結構嬉しい。
(ちょっと分かりにくい表現ですが)
頑張って話しても『あ、この人英語分からないんだな』って思うと
そこで話を止めちゃう人が大半ですからね、今日はそんな感じ
じゃなく双方なんとなーく言いたい事言って『じゃあまた~』
という感じでお別れすることが出来たのですごく嬉しかった。

自慢じゃないけど、英語力ゼロでロンドンにやってきた私。
相変わらず、低レベルな英語力ではありますが、最近ちょっとずつ
言いたいことが言えるようになってきた気がします。
洋服の試着とか、カフェでの注文とか、意外と難しかったりするけど
そういうことには不便を感じなくなってきた今日この頃です。

でも、言いたい事が言えず悔しい思いをすることも沢山ある。
今日はちょっと明るい光が見えたので、これを糧にまた頑張ります。

語学学校☆英語 | 23:05:14 | Trackback(0) | Comments(2)
道案内
今日、学校帰り道を歩いていたら道を聞かれました。

もちろん英語で。
家のすごーく近所で聞かれて、知ってる場所だったので
教えてあげる事に…。
でも、もう目と鼻の先なので『あっちの方』とかじゃなく
具体的に説明しなければならず、ちょっとオロオロ。

『真っ直ぐ行って~、左に曲がって~』ってな調子で
なんとか一通り説明してみました。
相手の方は車だったので、『ありがとう』と去って行って
その後私はテクテクと歩いて彼女の目的地の前を通過。

…ちゃんと駐車場に車が停まっていました~。
私の説明で通じたのねーと、ちょっと嬉しかったです。


語学学校☆英語 | 00:59:19 | Trackback(0) | Comments(2)
話し方より話す内容。
語学学校に通って2ヶ月。
ちょっとは出来るようになった手応えを感じつつも、最近は
新たな悩みを感じたりしています。

なんか、学校の為の英語になっちゃってる感じ?

クラスメイトとの交流も楽しいし、授業も楽しいけれど、結局
外国人同士の英語なわけで、意外とナマの英語に触れる
機会って少ないのですよねー。
でもせっかく外国に住んでるのだから、一歩踏み出せば
きっと色んなチャンスがあるはずなので何か新たな行動を
起こさねば、、、と感じる今日この頃。
仲良くしてるクラスメイトのAさんも同じ事を考えていたらしく
今の学校のほかに会話重視の学校も掛け持ちで通う事に
したらしい。。。ちょっと焦ってしまった。

私は彼女みたいに留学目的で来てるわけではないので、
そんなに焦る必要はないのでしょうけど、何かもうちょっと
人生に張り合いがあっても良いのではないかと思う。。。

それからもう一つ感じるのは日本語で話せない内容は
英語で話せるハズが無いということ。
英語だけ勉強したって、人間の中身とか色んな知識とかが
伴ってないと結局コミュニケーションって難しいのですよね。
もっと色々幅広く勉強していかなくちゃ・・・と痛感中です。

語学学校☆英語 | 23:52:52 | Trackback(0) | Comments(8)
出会いと別れ
私の通ってる語学学校は、短期留学で来てる人も多いので
入れ替わりも結構激しい。
何ヶ月もながーく通ってる人も居れば、一週間だけなんて人も。

今日は1ヶ月一緒に勉強したM氏が最後の授業でした。
今朝、いつもは遅刻しない彼がなかなか登校せず、みんなで
『まさか昨日で最後だったのでは、、、』と不安になったところに
M氏、テスコの袋を沢山ぶらさげて登場☆

なんと、みんなにケーキ&ジュースを買ってきたのでした。
気の利く彼はちゃんと紙コップや紙皿、フォークも添えて…。
授業の後半はほとんどお別れパーティー状態で授業にならない
一日でした。でも楽しかった~。そしてちょっぴり寂しい。

自分が外国に暮らしてることが凄く不思議に感じる時間でした。
駐在員同士の出会いや、イギリスに住む人との出会い、そして
別れがあるのだろうなぁということは想像していた事だけれど
ロンドンに集う色んな国の人に出会って、そして別れがあるという
のは私の想像を超えた出来事で感慨深い。
彼は国に帰って飲み屋を経営するらしいです。頑張って欲しいな。

語学学校☆英語 | 21:30:11 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。